スノーボード・スキーウェアの選び方とおすすめグッズ紹介

冬本番を前に、「スノーボードウェア」や「スキーウェア」をお探しの方はレンタルしてみませんか?
初心者から中級者向けのウェアがセットでお手頃価格でレンタル出来ます!

DMMでは「ウェアは持っていないけど、スノーボードやスキーを楽しみたい!!」
と言う方やアイテム選びにお困りの方におすすめな商品をご紹介します!
大人用メンズ、レディースをはじめ、80cm~160cmサイズの子供用スキーウェアまで幅広くラインナップ!
ぜひチェックしてみてくださいね♪

スノーウェアの選び方

スノーボード、スキーウェアも沢山あって何を選んでいいのか分かりませんよね。そこで選ぶ際にチェックするポイントを以下にまとめました!機能はもちろんのこと、どうせなら格好よく、可愛いものを選びたいですよね。以下のポイントを押さえてあなたにとっておきの1着を探してみてください!

ポイント1:防水・耐水性

まずは、防水・耐水機能がしっかりとしたスノーウェアを選びましょう。
初心者の場合、転ばずにすべるには数時間から数日かかる場合もあります。転ぶたびにウェアの内側に水がしみこんでくると嫌ですよね。最近のスノーウェアはほとんどが防水加工・耐水加工が施されていますが、商品によって耐水性能に違いがあります。また、耐水性といっても、そもそもどういうものなのか分からないですよね。

Q:耐水性とは?

A:着用した際、どのくらい濡れずに耐えられるかを示した数字です。外からの雪や雨をジャケット、パンツ内に浸透させずに、快適に過ごすことができるかどうかを数値化したものになります。耐水圧10,000mmなどの単位で表されます。

Q:耐水圧10,000mmとか5,000mmとかってどのくらいの威力があるの?

A:目安としては表の通りです。

耐水単位耐水できる状態

耐水性 耐水性についての説明
20,000mm 嵐のような強い雨
10,000mm 大雨
2,000mm 通常の雨
300mm 小雨

ちなみに普段、雨が降った時に使っている傘(市販で購入可能な通常のもの)ならば大体250~300mmの耐水性があるそうです。市販の傘と比較するとスノーウェアは耐水に関して、桁違いの効果を発揮してくれることが分かるはずです。

ポイント2:通気性・透湿性

通気性・透湿性にもとても重要な役割があります。実はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツは、温度が低いので汗をかかないものと思いがちですが、結構な汗を流すことになります。スノーウェアの下に何枚も着込んだ状態で、全身運動をするのと変わらないくらいの運動量と考えるとイメージが着きやすいかもしれません。
そう考えると楽しく遊べるスキー、スノーボードはダイエットとしても良いかもしれませんね☆彡 そのため通気性・透湿性にもこだわってスノーウェアをお選びください。

Q:通気性・透湿性とは?

A:どのくらい蒸れずに耐えられるかを示した数字です。スノーウェアでは通気性より、透湿性という言葉を用いられることが多いように思います。これは、汗を外に逃がしてくれる、また雨風からシャットアウトしてくれる性能のことも指します。通気性・透湿性については理解できたけど、、、

Q:透湿性はどれくらいあれば十分なの?

A:通常であれば(標高の高い厳しい状況下ではない限り)、透湿性5,000gあれば十分でしょう。初心者や、ひとまずスノーウェアを選びたいという方なら、この数値を満たしているものであれば問題ありません。

ポイント3:その他機能

続いては、知っていると便利な機能についてご紹介します。
用語を覚えておくだけでもウェア選びの参考になります♪

用語 説明
ファスナーガード 口元とファスナーのひんやりした接触を防ぐためにあります。
フードストッパー 暴風雨(雪)の時にあると、帽子を固定してくれてあると便利です。
フードコントロール
フードアジャスター
大きさを調節できます。
マジックテープやアジャスタータイプのものが主流です。
サイドポケット 左右(どちらかの場合もある)にあるサイドポケットのことです。
スマートフォンやティッシュなどちょっとした小物が入るので便利です。
インナーポケット ジャケットの内側にあるポケットの事です。
こちらもスマートフォンや小物が入るので便利です。
ハンドカフ 雪の侵入を防いでくれて、裾の調節が出来る機能です。
これがあることにより、グローブも着用しやすくなります。
ハンドゲーター 別名「リストゲーター」と呼ばれることもあります。
ジャケットの袖に付いており、防寒対策としてとっても効果的です。
ダブルジップ 上下どちらからでもジッパーの開け閉めが出来る機能です。
この機能があると使い勝手もグッドです!
パウダーガード 雪、雨の侵入を防ぐためにジャケットなどが二重構造になっている事です。よく転んでしまうと言う方には、付いているとおすすめです。
パスケース リフト券など入れておくのに便利です。
わざわざポケットから取り出さなくて済むのであると大変便利です。
ウエストベルト ウエスト調節機能のことですが、最近のものなら、ほぼすべてがこの機能が付いています。
ベンチレース ベンチレーションとも言いますが、通気性、換気性を良くするためにジャケットやパンツのサイドにジッパーのようなものが付いています。
寒いはずなのに何で換気するのか?と疑問に思う方いらっしゃるかもしれませんが、汗をかいてジメジメになることが多いため、このような機能があります。

ポイント4:スキーウェアとの違い

「スノーボードとスキーのウェアの違いは?」
と聞かれることがたまにありますが、大きく違うところは「シルエット」「ウェアの厚み」「エッジガード」が異なること。
詳しく見ていきましょう!

1.シルエット
まずはデザイン面ではシルエットに大きな違いがあります。
スキーウェアは細身の作りとなっているのに対して、スノーウェアはダボっとしたデザインが主流です。
確かに例の画像を見ても何となくスキーウェアはすっきりして見えますね。

例:スキーウェア

例:スノーボードウェア

 

種類 説明
スキーウェア スキーの場合、スノーボードより速度が出てしまうため、滑走中に少しでも邪魔にならないようなタイトな作りになっています。
スノーボードウェア ウェアの中にインナーやプロテクター(お尻を保護)を着用することを前提に作られているため、ゆったりとしたデザインになっています。

2.ウェアの厚み
スキーウェアは、中綿が入った分厚い素材のものが多いですが、スノーボードウェアは、薄手のものが多く、インナーやプロテクターと一緒に着用します。
インナーは通気性がよく汗が吸い取りやすく、動きやすいものであれば基本的には問題ありません。

種類 説明
スキーウェア 分厚い素材のものが多い。
スノーボードウェア 薄手のものが多い。
インナーやプロテクターを着用する前提で作られている。

3.エッジガード
スキーウェアには「エッジガード」というものがついており、鋭利な形をしているスキー板がパンツの裾にあたって切れてしまわないように防ぐためのものです。

種類 説明
スキーウェア エッジガードあり
鋭利な形をしたスキー板がパンツの裾に当たらないように。
スノーボードウェア エッジガードなし(ものによって異なる)

このように、似ているようで用途に応じて、ウェアの作り方が異なります。
スキーウェアスノーボードウェアを使い分ける必要がありそうですね!

ポイント5:サイズ

スノーウェア選びで迷ってしまう点として、どのサイズを選べばいいか分からないといったご意見があります。
ごくごく一般的にはスノーボード、スキーウェアのサイズ表記は「S,M,L」などの表記になっていることが多いです。
また男女兼用のユニセックス商品対応のものも多いため下記の表を参考にスノーウェア選びをしてみてください。

サイズ適正身長(cm)

XXL 180~187
XL(O) 175~182
L 170~177
M 165~172
S 160~167
XS 155~162

おすすめのスノーウェア!

DMMでは毎年冬の季節にスノーボードを楽しむ人や、初めて挑戦する方におすすめなスノーウェアを豊富にラインナップしています!

スノーウェア(メンズ)

 

オンヨネ スノーウェア カーキ×デニム

  • ブランド:ONYONE
  • サイズ:M、L
  • レンタル料金:2日4,480円~
  • 送料:無料
おすすめポイント
クールな柄が特徴のジャケットとベーシックなカラーのパンツがセットになったスノーウェア。ファッショナブルなデザインに加え、左袖にパスケースが付いている実用性も兼備した一着です。
 

A-SEVEN スノーウェアセット ホワイト×グレー

  • ブランド:A-SEVEN
  • サイズ:M
  • レンタル料金:2日5,480円~
  • 送料:無料
おすすめポイント
ネオンカラーのラインがインパクト大な「A-SEVEN」のスノーボードウェアセット。ジャケット、パンツともに消臭抗菌ラベルが付いており、無機成分微粒子が悪臭を吸収&中和してくれます。

スノーウェア(レディース)

 

アイスパーダル スノーウェア カモ柄×イエロー

  • ブランド:ICEPARDAL
  • サイズ:11号
  • レンタル料金:2日3,980円~
  • 送料:無料
おすすめポイント
ゲレンデでもオシャレを楽しみたい方におすすめのスノーウェア。見えないところにレオパード柄を配しているのがポイントです。カラフルなジャケットは内ポケットで機能性も重視。ボトムスは無地でメリハリのある着こなしが完成します。
 

オンヨネ スノーウェア ブラック×オレンジ

  • ブランド:ONYONE
  • サイズ:9号、11号
  • レンタル料金:2日4,480円~
  • 送料:無料
おすすめポイント
ネオンカラーのラインがインパクト大な「A-SEVEN」のスノーボードウェアセット。ジャケット、パンツともに消臭抗菌ラベルが付いており、無機成分微粒子が悪臭を吸収&中和してくれます。

スノーウェア(キッズ・ジュニア)

 

ONYONE スノーウェア(グローブ・キャップ付)ピンク×ターコイズ

  • ブランド:ONYONE
  • サイズ:120
  • レンタル料金:2日3,480円~
  • 送料:無料
おすすめポイント
サイドポケットのリボンがかわいらしい、小学校低学年のお子様向けのスキースーツ。ジャケット内側には蓄熱素材を使用し、十分な保温性を備えています。ジャケット・パンツ共にサイズ調節機能を有しており、袖丈・股下の長さを最大20CM調節可能。
 

ONYONE スノーウェア(グローブ・キャップ付)カーキ×ネイビー

  • ブランド:ONYONE
  • サイズ:140,160
  • レンタル料金:2日4,080円~
  • 送料:無料
おすすめポイント
ストリート系スタイルのジュニア向けスキースーツ。背中のプリントがクールさを演出。ジャケット内側には蓄熱素材を使用し、十分な保温性を備えています。ジャケット・パンツ共にサイズ調節機能を有しており、袖丈・股下の長さを最大20CM調節可能。

スノーウェアと一緒に借りればお得!!

 

アイスパーダル スノーゴーグル ホワイト

  • スノーウェアと一緒に借りると20%OFF!
  • レンタル料金:1,680円 ⇒ 1,340円
  • 送料:無料
 

アイスパーダル グローブ ブラック

  • スノーウェアと一緒に借りると20%OFF!
  • レンタル料金:1,680円 ⇒ 1,340円
  • 送料:無料
 

アイスパーダル ヒップパッド プロテクター ブラック

  • スノーウェアと一緒に借りると20%OFF!
  • レンタル料金:1,680円 ⇒ 1,340円
  • 送料:無料
おすすめポイント
スノーボード初心者は必ずといってもいいほど転びます。気分も浮かれて雪の上で転ぶと、そのときは痛くなくても翌日に痣ができたり筋肉痛が、、、。そんなことにならないためにプロテクターは初心者にはあるに越したことはないです!

Go Proでゲレンデを楽しもう!

 

【GoPro/HERO8 Black】CHDHX-801-FW

最後に

冬のレジャーの定番とも言える「スノーボード」「スキー」ですがいざやってみよう!と思ってもウェア選びから何をそろえていいのか分からないという方も多いはず。機能性を重視するのか、デザイン性を重視するのかは人それぞれですが、用語や選び方を分かっていれば探す楽しみも滑る楽しみも広がります!怪我に注意して、ウィンタースポーツを楽しんで下さいね♪

関連情報

メンズ・レディースはもちろん、80から160cmサイズまでの子供用スキーウェアまで豊富にラインナップ!

 

宅配レンタル!簡単4ステップ!

※当ページ記載の価格や送料は2019年11月25日現在の情報です。
iPhone/Android 対応 DMM.com いろいろレンタル
オンラインDVD/CDレンタル 無料お試しキャンペーン実施中!