ビデオカメラの選び方~迷ったらまずはレンタル!~

まだまだカメラ初心者なカメラ女子です。
みなさん、ムービーを撮影する時は、どんな機器を使用していますか?
入学式や卒業式、運動会など子供の行事はもちろん、旅行風景、レクリエーション、スポーツの試合など動画で残しておきたい行事はたくさんあると思います。
そんな時に、使っている機器はスマートフォンでしょうか?
普段から持ち歩き、ちょっとした瞬間に動画が撮影できるスマートフォンは確かに便利で利点です。
しかし、大事な結婚式や子供の入園式など、スマホ1台で大丈夫ですか?

大切な行事にこそ、手軽に扱えて動画撮影に特化しているビデオカメラが活躍します。
普段から使用しないので購入に迷ってしまう方には、手頃な価格で必要な間だけ使えるレンタルサービスをご利用いただければと思います。

ではレンタルするにしても、どのビデオカメラをレンタルすればよいのか迷ってしまうと思います。
ここでは、自分にあった目的や撮影シーンに最適なビデオカメラを選べるよう選ぶポイントをご紹介。
大切な思い出をキレイに残せるよう目的にあったカメラを選びましょう♪

ビデオカメラの種類について

ビデオカメラは大きく分けて、「ハンディカメラ」と「アクションカメラ」の2種類に分類できます。

ハンディカメラ

手に持ったり三脚を使って固定して撮影するタイプです。
ビデオカメラというと通常こちらのタイプを思い描くのではないでしょうか。

アクションカメラ

防水性能や耐久性に優れていて、アウトドアスポーツなどの動きのある映像を撮影するのが得意。
専用のアクセサリーを使うことで人体や自転車、サーフボードなどの物にも取り付ける事ができ、臨場感のある動画を撮影できます。

選ぶポイント1:画質で選ぶ

映像を残す上で、気になるのは「画質」という方は多いのではないでしょうか。

昔は、「スタンダード(SD)」画質が主流でしたが、今では「フルハイビジョン(フルHD)」が当たり前。
さらにその上の「4K」という画質も登場しています。
では高画質である「4K」を選べばよい!というと、現状「4K」画質を楽しむためには4Kに対応したテレビやディスプレイが必要になってきます。
また、4Kなど高画質に比例してビデオカメラ自体の価格も上がっていく傾向にあります。
将来を見越して高画質な「4K」対応のビデオカメラで撮影するのか。現在の家庭用では十分な「フルハイビジョン」で撮影するのか。
ひとつの見極めるポイントになると思います。

4Kとは?
4Kとは横4000×縦2000ピクセル前後の高解像度の映像表示技術で、フルハイビジョンの約4倍の高解像度を誇ります。


▼画質と合わせて覚えたい「フレームレートの違い」とは?

フレームレートとは、動画において、1秒あたりに処理させるフレーム数(静止画像数、コマ数)です。単位は「fps」。
ビデオカメラでは「60p」「30p」「60i」「24p」などと表記されているのがフレームレートです。

では、違いが何に影響するかと言うと、パラパラ漫画を思い浮かべていただくと分かりやすいかと思います。
1秒間に30枚の絵をパラパラするのと1秒間に60枚の絵をパラパラするのでは、枚数が多いほどなめらかに見えるのと同じで、動画も静止画の集まりです。
フレーム数(静止画数)が多いほどなめらかな映像になります。

たとえば、30pと60pを比較すると、60pは時間当たり約2倍のフレーム数を記録するのでよりなめらかな映像になります。
激しい動きのある動物や被写体、スポーツシーンなどはフレームレートが多いもので撮影するのがオススメです。

フレームレート 目安
60p スポーツシーンや激しい動きの被写体におすすめ
30p 地上波のテレビ映像など標準的なフレームレート
24p フィルム映画のような雰囲気を撮影したい方におすすめ
注意
フレームレートの数字が大きいほどなめらかな画像になりますが、その分動画ファイルの容量も大きくなります。
ファイル容量が大きいと記録できる時間は少なくなります。
内蔵メモリーやメモリーカードの空き容量も確認して、最適な設定を選びましょう!

選ぶポイント2:機能で選ぶ

▼旅行などに持っていくなら「コンパクトさ軽さ」に注目!

【ソニー/ハンディカム】デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-CX470 ホワイト

  • レンタル日数:2日~
  • 料金:3,540円~
  • 送料:無料
旅行や外出など、持ち歩くことを重視するならやはり小型軽量タイプのものがおすすめです。
SONY HDR-CX470は、重さ約215gと、缶ビール1本分ほどの重さで持ち運びに便利です。

▼被写体が遠くにいるなど近づけないシーンなら「ズーム機能」に注目!

【パナソニック/愛情サイズ】デジタルビデオカメラ HC-V360MS ブラック

  • レンタル日数:2日~
  • 料金:3,540円~
  • 送料:無料
撮影したい人や物が遠いときにズーム機能を使うと思います。
ズーム機能には、『光学ズーム』と『デジタルズーム』といった2種類のズーム機能があり、光学ズームの方が画質が劣化しにくい特徴があります。
しかし最近では技術の発達により各メーカーで画質劣化の少ない特殊な高倍率デジタルズーム機能を搭載した機種もでています。
パナソニック HC-V360MSは、超解像技術によるデジタルズーム『iAズーム』で約90倍の高倍率ズームで撮影が可能。
遠くで遊ぶお子様の表情もバッチリ撮影できます。

▼入園式やお遊戯会など狭い室内撮影なら「レンズの広角」に注目!

【ソニー/ハンディカム】デジタルHDビデオカメラレコーダー HDR-CX680 ブロンズブラウン

  • レンタル日数:2日~
  • 料金:3,540円~
  • 送料:無料
入園式やお遊戯会など狭い室内で、全体を撮影したい!という人はレンズの最大広角を確認してみてください。
数値が小さいほど被写体との距離がなくてもワイドに撮影できます。
SONY HDR-CX680なら、最大広角26.8mmで、狭い室内でも横に広く全景をしっかり録画します。

▼運動会などを撮影するなら「手ブレ補正機構」に注目!

【ソニー/ハンディカム】デジタル4Kビデオカメラレコーダー FDR-AX40

  • レンタル日数:2日~
  • 料金:9,940円~
  • 送料:無料
運動会などは子供の姿を追いかけて撮影する事が多いので、手ブレを起こしやすい場面がたくさん!
SONY FDR-AX40は、レンズとイメージセンサーが一体になったユニットがバランスを保つ、独自の『空間光学手ブレ補正』という機能を搭載。
4K撮影にも対応していて、高画質かつ安定した映像を残せます。

▼夜間に撮影したいなら「最低照度」に注目!

【パナソニック/愛情サイズ】デジタル4Kビデオカメラ HC-VX980M

  • レンタル日数:2日~
  • 料金:7,940円~
  • 送料:無料
ビデオカメラは暗い場所で撮影するのが苦手です。
しかし、暗い場所でも動画を撮影するときに気にしたいのが『照度』です。
照度とは明るさの単位で、ルクスで表します。
数値が低いほど、暗い場所でも撮影ができる目安になります。
パナソニック HC-VX980Mには、ナイトモードが搭載されており最低照度0ルクスの赤外線撮影が可能。
暗闇で赤ちゃんの寝顔を撮影したりなど、夜の世界を撮影しませんか。

▼その他、注目の機能!

【パナソニック/愛情サイズ】デジタルビデオカメラ HC-W580M ブラウン

  • レンタル日数:2日~
  • 料金:3,540円~
  • 送料:無料
メインカメラの他にサブカメラが搭載されていて、ワイプ撮りができます。
メインカメラで子供を撮影し、サブカメラで撮影しているパパやママも撮影!など、楽しみ方が広がります。

【リコー/全天球カメラ】RICOH THETA V

  • レンタル日数:3日~
  • 料金:5,540円~
  • 送料:無料
InstagramなどのSNSで注目されている360度すべてを記録する360度カメラ。
ぐるりと見渡せる面白い映像が撮影できるので旅行や結婚式などで、周囲も合わせた楽しい思い出が残せます♪

選ぶポイント3:ブランドで選ぶ

SONY/ソニー

ビデオカメラの老舗であり、デジタル機器メーカーとして高い技術力を持つメーカーです。
カメラの心臓部とも言えるイメージセンサー分野でも突出した開発力で小型化や軽量化など最先端をいくのが特徴。

Panasonic/パナソニック

高倍率ズームを搭載した機種やコスパの良さが魅力のメーカーです。
また、4K対応のカメラに力を入れていて、独自機能なども充実しています。

JVC/ビクター

おしゃれで鮮やかなカラーバリエーションのビデオカメラや、防水対応でアウトドア向きのハンディカメラなど、他にはない遊び心のある楽しい機能を搭載したカメラが目を惹くメーカーです。

GoPro/ゴープロ

アクションカメラが広がるきっかけとなったメーカーです。
小型軽量ボディに高画質な撮影機能、豊富な専用アクセサリーと魅力的な機種を多く扱っています。
テレビ番組の絶叫ロケなどでも使用されていたりと、アクションカメラのメーカーとして人気を集めています。

※当ページ記載の価格や送料は2018年6月20日現在の情報です。
iPhone/Android 対応 DMM.com いろいろレンタル
オンラインDVD/CDレンタル 無料お試しキャンペーン実施中!