スマホの基礎知識「第3回 Androidのセキュリティ機能について」

この記事で書かれている内容は他人が利用できないようにするためのセキュリティ機能です。いろいろレンタルで借りた商品を返却する際には必ず解除をお願いします。解除が確認できるまでの期間は延滞金が発生する場合がありますのでご注意ください。次回予約のお客様がスムーズにご利用できるようにご協力お願いします。

画面ロックに関しまして


Androidの画面ロックには共通ロック機能で「パターンロック」「PINロック」「パスワードロック」があります。
その他に機種によって生体認証できるものもあり「指紋認証」「虹彩認証」「眼セキュリティ認証」といった機能もあります。

パターン


利便性:★★★☆☆
安全性:★★★☆☆

簡単なパターンを描画することで電話をロック解除します。

設定方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「ロック画面の種類」を押します。
④「パターン」を押します。
⑤ロック解除の「パターン」を入力します。
⑥確認のため、再度ロック解除の「パターン」を入力します。
⑦「パターン」ロックがオンになり設定完了

解除方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「パターン」の入力を求められるので入力します。
④ロックの種類「スワイプ」もしくは「なし」を選択することでロックが無い状態になります。

PIN


利便性:★★☆☆☆
安全性:★★★★☆
4桁~16桁の数字でPINを設定することができます。数字の桁数を増やすことでセキュリティ強度をあげることができます。

設定方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「ロック画面の種類」を押します。
④「PIN」を押します。
⑤ロック解除の「PIN」を入力します。
⑥確認のため、再度ロック解除の「PIN」を入力します。
⑦「PIN」ロックがオンになり設定完了

解除方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「PIN」の入力を求められるので入力します。
④ロックの種類「スワイプ」もしくは「なし」を選択することでロックが無い状態になります。

パスワード


利便性:★★★★★
安全性:★★★☆☆

パスワードは、最低1文字以上の英数字を含めて4文字~16文字で設定します。PINよりも種類が多くなるので必然的にセキュリティー強度は上がります。

設定方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「ロック画面の種類」を押します。
④「パスワード」を押します。
⑤ロック解除の「パスワード」を入力します。
⑥確認のため、再度ロック解除の「パスワード」を入力します。
⑦「パスワード」ロックがオンになり設定完了

解除方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「パスワード」の入力を求められるので入力します。
④ロックの種類「スワイプ」もしくは「なし」を選択
⑤「指紋を保持」「指紋を削除」を選ぶことで解除されます。

指紋認証

利便性:★★★★☆
安全性:★★★☆☆

指紋認証は、手の指紋を認証することで画面のロックを解除することができます。設定の際には安全の為に「パターン」「PIN」「パスワード」いずれかの設定をする必要があります。

設定方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「指紋認証」を押します。
④「パターン」「PIN」「パスワード」いずれかを押します。
⑤上記の設定は各ロックの設定方法をご確認ください
⑥画面の指示に従い指紋の登録を行います。
⑦「指紋認証」ロックがオンになり設定完了

解除方法
①ホーム画面より「設定」を押します。
②「ロック画面とセキュリティ」を押します。
③「パターン」「PIN」「パスワード」の入力を求められるので入力します。
④ロックの種類「スワイプ」もしくは「なし」を選択することでロックが無い状態になります。

端末保護機能(Device Protection)に関しまして


Android 搭載のスマートフォンやタブレットが無断で出荷時の設定にリセットされた場合に、所有者以外の人に使用されないよう、あらかじめ設定しておくことができます。たとえば、保護されている端末が盗まれた場合や、そのデータが消去された場合、所有者の Google アカウントまたは画面ロックの設定を知っている人しか使用できないようになります。

端末保護機能を設定する

Google アカウントを端末に設定することで、保護機能が適用されます。

初期化後であれば設定時に入力をGoogleアカウントの入力が促されます。

初期設定後であれば設定メニューからアカウント追加を行うことで適用されます。

端末保護機能の解除方法

スマートフォンからアカウントを削除することで端末保護機能が解除されます。スマートフォンからアカウントを削除すると、そのアカウントに関連付けられているデータもすべて削除されます。これには、メール、連絡先、設定も含まれます。


①スマートフォンの設定アプリを開きます。
②[アカウント] をタップします。
③削除するアカウント 次に [アカウントを削除] をタップします。
④このアカウントがスマートフォン上の唯一の Google アカウントである場合は、セキュリティのためスマートフォンに登録した「パターン」「PIN」「パスワード」いずれかを入力する必要があります。

今回のまとめ

今回はAndoroidのセキュリティ機能について紹介させていただきました。端末保護機能は安全性に関しては便利な半面、レンタルや中古販売などで妨げになったりもします。きちんと理解して有効に活用しましょう。

スマホの基礎知識「第2回 iPhoneのセキュリティ機能について」

2018年12月19日

スマホの基礎知識「第1回 SIMフリースマホのレンタルについて」

2018年10月30日
iPhone/Android 対応 DMM.com いろいろレンタル
オンラインDVD/CDレンタル 無料お試しキャンペーン実施中!