思い出を現代へ!カセットテープからデジタル音源へ!

おはようございます。こんにちは。こんばんは。まだまだカメラ初心者なカメラ女子です!
今回はカメラ関係ではありませんが、先日部屋を掃除していると、こんなものを発見!!
カセットテープ

カセットテープです!
小さいころは、録音してはポータブルのカセットプレイヤーで聞いていました。
懐かしいです。しかし、ポータブルも録音するために使っていたカセットレコーダーも壊れてしまいました。
今では聞くことが出来ず、捨てるしかないかな、と思っていました。

諦めかけたその時、思い出しました!この商品を!!
カセットテープをSDカードやUSBメモリーカードに録音できるプレイヤーがあるのです!

【TOSHIBA/CDラジオカセットレコーダー】TY-CDX9 サテンゴールド

【TOSHIBA/CDラジオカセットレコーダー】TY-CDX9 サテンゴールド

ずぼらな筆者は、ラベルにちゃんと曲目や入っている内容を書いていなかったので、テープの中に何が録音されているのかまったく分かりません。
ちょっとしたタイムカプセルを開けるような気分で、さっそくレンタルして、カセットテープをSDカードに録音していきたいと思います♪

かんたん操作の3ステップで録音!

まずは、電源コードをコンセントに奥までしっかりと挿します。
デッキの電源ボタンをポチッと押して、電源をオンに!

今回はSDカードへ録音なので、まずはモードを『SD/USB』へ。


ボタンを押して切り替えると正面のディスプレイに『No』の文字が表示されます。
これがSDカードやUSBメモリーが認識されていないよ!という表示なので、右下の挿入口からSDカードを挿します。
ディスプレイの『No』が消えれば認識されているのでSDカードの準備はOKです。

次はカセットテープを準備!
まずは、モードを『SD/USB』から『カセット』へ上部ボタンで切り替えて、正面の『開/閉』部分をカチッとなるまで押すとカセット蓋がゆっくり開きます!
こことってもアナログ感があって、久々の感覚にワクワクしてしまいました。
録音したい面(A面など)を自分の方向(手前)へ、テープが見えている方を下にしてセット!
蓋を閉めたら、カセットテープの準備も完了!

録音ボタンの『SD』を2秒ほど長押しすれば録音スタート!
カセットテープに収録されている音楽が再生されながらSDカードにMP3オーディオファイルに変換されて録音されていきます!

ご注意ください!

録音が終わったら『停止』ボタンを押しましょう。
押し忘れると無音が録音されていきます。
また、A面からB面へは自動では切り替わらないため、カセットテープの再生が停止されますが、録音は続いています必ず録音停止しましょう。

音質に関しては、こだわりはないのですが十分満足できる音質かと思います。
なんとも懐かしい音楽たち…青春とでも言えばよいのでしょうか。
好きだった曲やラジオなど思い出が再生されていきます。
録音されたSDカードの音楽は、現在、筆者の通勤時のBGMとして楽しんでいます♪

みなさんも、家に眠っているカセットテープがあれば、ぜひUSBメモリーやSDカードにMP3変換してデジタル化してみましょう!

アナログからデジタルへ!こんな商品もあるんです!

アルバムの写真からiPhoneへ

写真をスキャンしてiPhoneの画像ファイルへ保存できるスキャナー。
思い出のアルバムまるっとスキャンして、デジタルフォトアルバムで管理すれば、家の中もスッキリ!

Omoidori(おもいどり)

 

【PFU/iPhoneアルバムスキャナー】Omoidori(おもいどり)

 ビデオテープからDVDへ

VHS一体型DVDレコーダー。
ビデオテープに収録された思い出の映像をDVDにダビングして劣化を軽減!

【DXアンテナ/DVDレコーダー】DXブロードテック DXR170V

【DXアンテナ/DVDレコーダー】DXブロードテック DXR170V

※当ページ記載の価格や送料は2017年5月19日現在の情報です。
iPhone/Android 対応 DMM.com いろいろレンタル
オンラインDVD/CDレンタル 無料お試しキャンペーン実施中!