幼稚園・小学校受験を応援!スケジュール、費用、お受験スーツなどをご紹介!

某有名大学の幼稚園、小学校などのお受験は、恵まれた環境で勉強に取り組めたり、今後の進学対策などにも手厚いサポートをしてくれます。
そのため、少子高齢化になった今の時代も親たちの関心が高まっています。
しかし、気になるのがお受験に必要なお金事情や、年間スケジュールなど、お受験初心者にはわからないことが沢山あります。
今回は、幼稚園・小学校を受験しようと考えているご家族向けにお受験スケジュールを交えて、お受験にまつわるエトセトラをご紹介したいと思います。

お受験するメリット・デメリットとは?

メリット

東京、神奈川などの都市部を中心に、早くから受験に取り組まれているご家族も多いのではないでしょうか。
「なぜ、そんな小さい時から受験するの?」と思われる方もいるかもしれませんが、幼稚園から受験&入学する場合、内部進学制度というものがあります。
いやゆるエスカレーター式で、小学校・中学校・高校・大学まで進学することができます。
高校や大学で受験するより、幼少期に少しでも早く受験を行い、親子ともども負担を減らしたいというご家族が多いのだそうです。

デメリット

しかし、気になるのがお受験に必要なお金です。
幼稚園でも私立は公立に比べて、約2倍ほどかかるといわれています。
幼稚園受験といっても、簡単ではありませんね。
受験するにあたり、学習塾に通ったり、親自身も勉強を行い、どちらも様々な負担が強いられます。

お受験に必要な費用は?

区分 幼稚園 小学校 中学校
公立 私立 公立 私立 公立 私立
教育費 120,546 318,763 60,043 870,408 133,640 997,435
給食費 20,418 29,924 44,441 44,807 43,730 8,566
活動費 92,983 133,705 217,826 613,022 301,184 320,932
総額 233,947 482,392 322,310 1,528,237 478,554 1,326,933
集計された表は、文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」より。

私立は公立と比べて、
幼稚園では、2.1倍!
小学校では、4.8倍!
中学校では、2.8倍!
もの教育費用が違います!
小学校が一番開きがあることに驚きましたが、
幼稚園からずっと私立に通わせるとなる、大変な金額になりますね。
ざっと計算するのも怖いくらい(‘ω’)ノ

お受験スケジュール

お受験のスケジュールについても気になるところですね!
小学校に比べて、幼稚園はやや早いのが傾向です。
お目当ての学校によって受験スケジュールが異なってきますので早め早めにチェックしておきましょう!

月別 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
幼稚園 説明会・見学会
願書提出
面接・お受験
合格発表
小学校 説明会・見学会
願書提出
面接・お受験
合格発表

お受験お役立ち情報

お受験スーツ(男の子編)

男の子のお受験スーツは、白の半袖シャツに、紺の半ズボンが一般的です。
肌寒いと感じたらネイビーなどのベストを着用するといいでしょう。
シャツは白が必須ですが、オフホワイトでも良しとされています。
清潔感があり、襟などもしっかりしたものを選ぶといいでしょう。
面接・お受験 おすすめスーツ(男の子編)

お受験スーツ(女の子編)

女の子のお受験スーツは、ワンピーススカート(ジャンパースカート)を着用しましょう。
運動服に着替えをする必要があったりするため、着替えが簡単な服ならなおよし。
男の子と同様、元気で明るいイメージをつけるため、シャツは白で襟元にも気を配りましょう。
面接・お受験 おすすめスーツ(女の子 100~130cm)
面接・お受験 おすすめスーツ(女の子 140cm以上)

お受験スーツ(保護者編:父親)

黒や紺などのダークカラーで、質の良い生地がしっかりしたスーツを選ばれるといいでしょう。
中に着る白シャツも無地で、しっかりとした襟元のものを。
面接・お受験 おすすめスーツ(父親編)

お受験スーツ(保護者編:母親)

面接やお受験で着用する母親スーツは、紺に近いダークカラーのもので、ワンピースがよろしいでしょう。
派手過ぎず、ほどよく華やかな形のものを選ぶようにしてください。
ひざ丈もしくはひざ下となる長さのスカート、ワンピースを着用することをお勧めします。
面接・お受験 おすすめスーツ(母親編)

お受験 その他(履き物、バッグ)

スーツを際立たせてくれるアイテムである靴、アクセサリー、バッグも重要です。
スーツだけでなく、トータルコーディネートできるのは他サイトでも珍しいのでおすすめです!

履き物(革靴、パンプス、スリッパ)

男の子、女の子とも黒の革靴が無難といった感じです。
革靴でもいろんな形がありますが、定番のスリッポン、ローファータイプがおすすめです。
女の子の靴では、ストラップで足首を固定するタイプのものもおすすめです。
あまり装飾のない靴にすると良いでしょう。

母親用の靴は、パンプスでは、カラーはブラックやグレーなど暗めのものを。
ヒールは高すぎないよう、高くても5cmまでのものを選びましょう。
間違ってもピンヒールは履かないように!(歩くと音が鳴るものや、廊下を傷つけないものを。)

父親の靴は、あまり金具がついていないシンプルな革靴をおすすめします。
足元もよく見られるため、汚れや傷などないものを履くとよいです。

スリッパ

室内(校内)では、スリッパを持参される親御さんもいるかと思います。
スリッパも靴と同様、派手すぎない色味のブラックかネイビーで。
最近よくお店で売られている折り畳みの簡易的なスリッパではなく、しっかりとした素材のスリッパを選ばれるといいでしょう。

お受験 バッグ

お受験当日は意外に荷物がかさみます。
だからと言って、大きなバッグを担いでくるというのはNG。
持ち物すべてで気を配るようにしてください。
おすすめなバッグとして、あまり装飾がなく、シンプルな形ですが、清潔感があるものなら〇。
そのほかに、サブバッグなどもあると大変便利なアイテムです。
サブバッグ
面接・お受験 おすすめバッグ

iPhone/Android 対応 DMM.com いろいろレンタル
オンラインDVD/CDレンタル 無料お試しキャンペーン実施中!